概   要

名称 JAPAN MINIATURE AUTOMOBILE CLUB
(ジャパン ミニチュア オートモービル クラブ)
通称 JMAC(ジャマック)
組織 本部    会長  今井 兼義
東京支部 支部長 桐山 時男
関西支部 支部長 勝山 祥二
中部支部 支部長 平松 潤一郎
静岡支部 支部長 青木 眞市
活動
趣旨
ミニチュアカー文化の普及と発展を目的とした活動を推進し、同時にミニチュアカーを通じて会員間の親睦を図る。
活動
内容
各支部間の連繋を密にし、次の活動を推進する。
・毎月各支部ごとに例会を実施
・年1回合同例会(総会)を実施
・年2回オリジナル記念モデルの製作
・機関誌の発行
・ミニチュアカーコレクター普及のための活動及びPR
・ミニチュアカー及びミニチュアカーコレクションの研究
・コンストラクションキット及び手造りモデルの製作に関する研究
・コレクション及び製作に関する相談、指導
・情報の交換交流
・資料の蒐集及び編纂
・展示会、コンテストの企画及び実施
沿革 1960年に入り、日本におけるモータリゼーションがようやく隆盛の兆しを見せ始めた頃、既に欧米においてはミニチュアモデルコレクションは趣味文化として確立されていました。
 JMACは当時ミニカーに愛着を持つコレクター・モデラー達が集い、クラブとして結成致しました。以来多くの展示イベントや会長・会員によるメディア出演・著作活動など長く日本におけるミニカー界での啓蒙先駆者的な役割を担いつつ、かつ会員間にあっては相互の交流・親睦を深め、その精神は現在もなお絶えることなく継承されています。
 特に日本を代表するミニカーコレクターの中島会長を始め、メンバーの多彩さとその奥深いコレクションには特筆すべきものがあり、若きより熟年者に至るまで幅広いメンバー層が同じ趣味を語り合い、楽しみを共有できることがこの会の醍醐味となっております。
 現在は東京・関西・中部・静岡の4支部があり、年1回の合同例会を中心に毎月の支部ごとの月例会や随時各催事への参加、会報の発行、記念モデル製作などを通じて情報の交換また会員間のオークションなどを行い、交流を深めています。

 此の度、ミニカー界で歴史ある本会が、HPを立ち上げる運びとなりました。単に会の宣伝ではなく、ミニカー文化醸成のための活動推進の一助として大いに期待し、またより多くの同好の士が本HPで、楽しくより深い「ミニカーの魅力」に触れていただければ私の大いなる喜びとするところです。
関係各位のご協力を感謝します。

 ”自動車が生まれ100数年、無数の実車が消え、そしてモデルカーとして残る。
ミニカーはある時代の再現を実感させ、不思議な感慨を私にもたらせてくれる。
ミニカーは単なる趣味というより、私の心のひとつのアルバムでもある。
 私のコレクションは私自身が長い時間をかけ育んできた。同様にJMACは会員が親睦をもって育ててきた宝石である。
いま、あまりに忙し過ぎる時代だからこそ人とヒトとミニカーのふれ合いが求められている。”
JMAC元会長 (故人)中島 登

<広報担当コメント>
中島会長は有名な「中島コレクション」を持ち、今や伝説となったカラーブックス「世界のミニカー」を昭和42年に著わして以来、多数著作の他TVメディアなどを通じミニカーの素晴らしさを世に広めた、押しも押されもせぬ日本におけるミニカー界の重鎮。
Copyright(C) 2006 JMAC All rights reserved.