直線上に配置
Consultation room
ミニカー なんでも相談室!!
2 日本ミニカーの歴史
 

 
 
1941年 アメリカのダウスト・マニュファクチャーがダイキャストによりT型フォードを作成したと伝えられています。 
1920年代 鉄製(アイアンモデル)が多く自動車より汽車、飛行機、船のモデルが多かった。
1930年代 イギリスのディンキー、ドイツのメルクリンなどが本格的な生産を開始
1955年 アメリカからの依頼によりコレクトトーイ、シルバーペットを発表
1959年 アサヒ玩具がトヨペットクラウンのダイキャスト製による1/42の国際基準規格で「モデルペット」を発表
1961年 大盛屋酒井通玩具が「ミクロペット」シリーズを発表
1963年 大盛屋が「チェリカフェニックス」のコンテッサを発表
1965年 米沢玩具が大盛屋から金型を引き継ぎ「ダイヤペット」を発表
1970年 トミー工業が小スケールの「トミカ」を発表
1972年 トミーからトミカの兄貴分の「ダンディ」を発表
1976年 永大永大グリップからスーパーカーシリーズを発売
1990年 RCメーカーの京商が精密ダイキャスト製のミニカー「KYOSHO」を発表
1996年 エポックが1/43の「エムテック」を発表
1998年 MMPが精密な鑑賞用ミニカー「エブロ」を発表