Consultation room
ミニカー なんでも相談室!!

3 ミニカーのサイズ



3インチミニカー


先にミニカーを販売する外箱の大きさを決定し、その外箱に合わせたサイズ(縮尺)で製作されるミニカーで主に玩具用ミニカーです。
イギリスのLESNEY(レズニー)社が1953年に子供の手のひらに乗るマッチ箱の大きさの「マッチボックス」を発売しました。
3インチミニカー

日本の「トミカ」、アメリカのマテル社の「ホットウィール」、フランスの「マジョレット」などが採用しているもので、ポケットサイズや3インチモデルとも呼ばれます。
このため発売される車種ごとにサイズが異なります。
トミカではトラックは 1/100〜150位
      普通車は 1/60〜64位
      軽自動車は1/50〜60位
で製作されています。


最近では技術の向上から1/64サイズの鑑賞用ミニカーが京商やTSMモデル等が製造販売され人気を読んでいます。
1/40〜45

 
DINKY、CORGIに代表されるミニカーのポリュラーサイズです。
 このサイズにはギミック(ドアの開閉等の仕掛け)の付いたモデルが多くサンダーバードや007などTVや映画のモデル化が多くみられます。
 また、最近ではミニチャンプスやエブロなど観賞用モデルも多くクリアーケースが付きそのまま飾れるタイプが多く発売され地ます。

1/30〜36
CORGIのモーリスミニなどの小型車はこのサイズで作成されました。また、サイズはシュコーやダイヤペットのバイクモデルが主となります。
2輪モデルは4輪モデルに比べ少し大きなサイズになります。
 
1/18〜24

 
このサイズになるとかなり精密なモデルが多くなります。アメリカではこのサイズが主流でフランクリンリミテッドなどが有名です。日本国内では大きすぎ飾る場所を考える必要があります。
(画像はKYOSYO フェアレディ240Z)

1/12 


 このモデルは全長が40cmを超えアメ車では50cmクラスになります。
どとらかというと個人向けより自動車販売会社のディーラー用という感じです。
(画像はTSMモデルのポルシェ911)
1/10

自動車よりモーターサイクルのモデルが多いスケールです。
(画像はエブロ ホンダ110)
1/6

このスケールもモーターサイクルが多いです。特にタミヤのプラモデルのシリーズが有名です。
(画像はミニチャンプス カワサキZ900)