JMAC
トップページ
JMAC概要
JMACメンバー紹介
JMAC活動実績
JMACミニカーコラム
JMACギャラリー
JMAC会員専用掲示板
JMACスケジュール
ミニカー関連リンク集
お問い合せ
JMAC
ミニカーコラムメニューに戻る

私のレストア(第2回)2006.05.16セヤマ
JMACJMACJMAC
 今回は欠品した部品への私なりの対応です。限られた小遣いをやりくりしながらのコレクションですから、購入したモデルのコンデションは様々です・・・。小学生の頃、やっと貯めたお小遣いを持って隣町のデパートへ。ショーケースには最後の1台が・・・しかし後ろのバンパーにひびが・・・。その後も・・・ある日珍しい絶版モデルを発見、しかもお手ごろ価格・・・よく見るとヘッドライトのレンズが欠品・・・そんな時、次のような選択をした上で購入してきました。
@ そのままでも気にならなければ、そのままコレクションする
A 自分で欠品部品を補って自己満足する
Aを選ぶ場合はオリジナルを損ねない程度、もしくは実車の雰囲気を感じられる程度にするのが私流のレストア方法です。
 最初は代用品を探した例です。ヘッドライトが欠品したポリトーイ・VWタイプ3ヴァリアントを購入した時でしょうか、新品と言っても田舎のデパートゆえ、在庫はその1台のみ、雑誌でその存在は知っていたモデルでしたので、購入を決断しました。身の回りのプラスチック系の素材で探した結果たどり着いたのが、不要になったデスクマットの透明プラスチックシート部分にパンチ穴をあけ、その不要になった円形の部分です。やや大きめですが、ヘッドライトのレンズ「らしく」見えます。(写真1)しかし、撮影のため久しぶりに棚の奥から取り出してみると片方の部品が紛失・・・。また次の手を考えなくては・・・。
写真1 写真1
 次の例は流用できる部品を利用した例です。これは経験のある方が多いかと思われます。改造用もしくはキット用に一部の専門店で販売しているレンズ類を利用しました。前回登場したベントレーの出番です。このモデル、ヘッドライトはダイヤカット、テールライトも赤の小さなレンズが左右に2個ずつ使われています。しかし、写真2のようにどちらも1個ずつレンズがありません。どうしようか思案しているうちについ最近ぴったりの部品が見つかりました。装着したのが写真3です。まだ右側が完全に接着できていませんが。
 なお、ご覧のようにバンパーのメッキがはがれ、塗装のダブルトーンの境界線部分があいまいになっています。この部分もいずれ手を入れるつもりです。
写真2 写真2
写真3 写真3
 次は部品を自作した例です。これは完全に自己満足の世界ですので、お見せするのをためらいました・・・。フロントグリル、リアのテールランプ周りのパネルをそっくり自作しました。素材はダイヤペットの5代目MS80系クラウンです。いわゆるジャンク品で、前後のプラスチック部品がありませんでした。フロントはバルサ材の削り出し(写真4)、リアは画用紙を折った上からセロテープで巻いてテールランプを作り、周囲のパネルも画用紙です(写真5)。さらにバンパーもバルサ材をヤスリがけで整形し、その上にアルミ箔を接着しました(写真6)。実はこのクラウン、他にも自作パーツを組み込んであります。詳しくはまた次回ご紹介します。また、写真には最近発売されましたJ-43のクラウンを比較のため隣に置いてみました。実は私が再現したグレードはオリジナルの「ロイヤルサルーン」ではなく、「スタンダード」でした。私はこのモデルをレストアしたのは1984年です。当時はまさかその後「スタンダード」が市販されるとは予想できませんでした。
写真4 写真4
写真5 写真5
写真6 写真6

ミニカーコラムメニューに戻る

Copyright(C) 2006 JMAC All rights reserved.