JMAC
トップページ
JMAC概要
JMACメンバー紹介
JMAC活動実績
JMACミニカーコラム
JMACギャラリー
JMAC会員専用掲示板
JMACスケジュール
ミニカー関連リンク集
お問い合せ
JMAC
ミニカーコラムメニューに戻る

クラシックブランドの救急モデル2 (時計じかけのアレンジ)2006.05.29シミズ
JMACJMACJMAC

 スタンリー・キューブリックの代表作「時計じかけのオレンジ」は本来、クロックワークをゼンマイ仕掛けと訳す方が日本語としては正確なのだが、映画の内容と相俟って、この邦題が妙に馴染んでしまった感がある。(同じキューブリックの「博士の異常な愛情」はどう見ても珍訳ですがね。⇒もとはストレンジラブ博士)
 前回のブリテンがフィギュアの付属品から派生した来歴を持つのに対して、ミニカーの多くは子ども向けの自動車玩具にルーツを持つ。
 子ども向けの玩具は、その対象の購買欲を惹起させるために、様々なギミックを施すことになるわけだが、自動車のオモチャの場合、その一番古典的な方式はゼンマイ仕掛けによる走行アクションであろう。
 そこで、今回はそのような仕掛けを施したブランドのモデルを紹介していこうと思う。


その2.トライアング・ミニック(TRI−ANG MINIC)

 約40分の1、通常のミニカーより一回り大きいスケールのブリキの自動車玩具であるが、独特の味わいで、イギリス本国での人気は根強いようである。
 日本でも材質がダイキャストではないにも関わらず、ミニカーの仲間に迎え入れている人が多いのではないかと思う。
 当初、ボンネットタイプの救急車がカタログに載ったが、実際に製造されたのはショートボンネットシャッターバンと称するキャブオーバーのタイプである。
 バリエーションとしては、赤丸に白十字のデカールを貼ったものと赤十字のものとがある他、後にpush and go(日本でいうところのフリクションか?)のシリーズの一員としてゼンマイ穴が無いタイプが作られており、希少性ではこちらの方が上のようである。また、ホイールにも無塗装のダイカスト、黒のブリキ、赤のプラスチックがある他、部品の色にもいくつかの種類を確認している。ただ、それらのバリエーション同士の組み合わせパターンは未確認である。
 なお、所属はすべてLCC(London City Council)である。
 車種は資料によりガイとしたものやウーズレィとしたものがあるが、メーカーサイドが車種を特定した様子はない。
 push and goのプラスチックのシリーズではメジャーのシリーズでダイムラーと思しきLCCのアンビュランス、マイナーのシリーズで軍用の赤十字バスがある他、もっと玩具っぽい軍用車のシリーズでベッドフォードトラックをモデルにしたと思われるミリタリーアンビュランスが出ている。
トライアング・ミニック 前 トライアング・ミニック 裏


トライアング・ミニック 箱



その3.チャドバレー(CHAD VALLEY)

 このブランドのメジャーのシリーズは43分の1のスケールに近いものだが、そちらでは残念ながら救急車のモデルを確認していない。
 一方、ミジェットという初期のマッチボックスと同じくらいのサイズのシリーズがあり、その一員として車種不明のキャブオーバータイプのアンビュランスが出ている。


チャドバレー




その4.メトトーイ(METTOY)

 本来なら、コーギーのところで紹介するのが筋かもしれない。何故ならばコーギーのブランドを世に送ったメーカーだからである。
 ミニカーブランドとしてのコーギー以前に玩具メーカーのメトトーイがどれだけのモデルを作っていたか体系的な知識を持ち得ないので、あえて単発のモデルとしてこの場で紹介することにする。
 メトトーイブランドでは消防車は結構製造されたようだが、救急車は今のところ、クリーム色のボンネットタイプの物のみを確認している。
 1950年代のイギリスの大衆車っぽいボディで車種の明示はない。純粋なスケールモデルかどうか、定かではないが、前回紹介したブリテンと同じくらいの大きさなので、車の原寸を考えれば、1/32よりも大きいと言えるだろう。


メトトーイ




ティンポトーイ(TIMPO TOYS)

 金属製の裏板と樹脂製のボディでできた1/40ぐらいの荒削りなモデルである。
 こちらはゼンマイではなく、ある種のフリクション(これがpush and goか?)と中に入ったベル様のものが音を出す仕掛けが付いている。

ティンポトーイ 表 ティンポトーイ 裏




ポケットーイ(POCKETOY)

 ブリキとプラスチックを組み合わせた玩具っぽい製品で、ティンポトーイとは仕組みの違うフリクション風の仕掛けが施されている。
 ベッドフォードのトラックと推定される救急トラックの民間タイプと軍用型を確認している。大きさは1/43とトミカサイズの中間くらいなので50分の1前後ではないだろうか?
 なお、写真では軍用タイプのキャブ上に白い星があるが、オリジナルかどうかは極めて怪しいところである。

ポケットーイ 前 ポケットーイ 後


ポケットーイ 裏



ミニカーコラムメニューに戻る

Copyright(C) 2006 JMAC All rights reserved.