JMAC
トップページ
JMAC概要
JMACメンバー紹介
JMAC活動実績
JMACミニカーコラム
JMACギャラリー
JMAC会員専用掲示板
JMACスケジュール
ミニカー関連リンク集
お問い合せ
JMAC
ミニカーコラムメニューに戻る

イオンモール高崎での展示会報告(その2)2008.11.26セヤマ
JMACJMACJMAC
後編では展示中の報告となります。

まずは展示ケースごとに写真で説明させていただきます。

  【展示ケースの紹介】写真と共にテーマごとにご案内いたします。
1)用途別コレクション

(写真1-1・1-2)@スポーツカー
写真1-1 写真1-2
写真1-1

写真1-2

 イギリス製スロットカーやフランス製プラスチック製からプルバック式の最近のモデルまで、本格的スポーツモデルからスポーティモデルまで集めてみました。
展示した車種をあげてみます。
メルセデスベンツ300SLガルウイング・350SL、ポルシェ930・356、フェラーリP4、ジャガーDタイプルマン、オースティンヒーレー(スロットカー)、ジェンセンFF、フォードGT-40、シヴォレーコーヴェット・カマロ、BMW328・Z1・Z3。
国産スポーツカー・スポーティーカーでは、ダットサンフェアレディー1600・2000、ニッサンフェアレディZ・350Z・スカイライン2000GT-R・最新型GT-R、プリンススカイライン2000GT-B、トヨタ2000GT・MR-2・セリカ・スプリンタートレノAE86、ホンダS2000・S800・NSX、マツダコスモ・RX-7・サバンナ・AZ-1、三菱ランサーエボルーション・ギャランGTO。・・・。
2枚目は珍品です。ノルウェー製ラバーを素材とした、メルセデスベンツ300SLとフランス製プラスチックモデル。フェラーリP4、ディムラーSP250、マセラティ、メルセデスベンツ190SL。

(写真2-1・2-2)Aパトカー
写真2-1 写真2-2
写真2-1

写真2-2

 1枚目は右側に日本、左側にアメリカのパトカーです。
 2枚目は世界各国のパトカーです。手前からオーストラリア・スペイン・デンマーク・中国(駐車違反車移動用レッカー、車種はいすゞエルフ)2列目はイスラエル・ポルトガル・香港・旧ソ連、3列目はイタリア、順にフランス・オランダ、その奥には旧西ドイツ、イギリス、アメリカです。

(写真3)B消防車
写真3
写真3



 右からイギリスのシモンシュノーケル、アメリカのアメリカン・ラ・フランス梯子車(以上、コーギー)日本のいすゞTD(トミカダンディ)、フランスのベルリエ(ソリド)アメリカのマック(コーギー)のポンプ車3台、他にもイギリス、ドイツ、フランス、旧ソ連の梯子車・化学車・ポンプ車・水槽タンク車です。

(写真4)C救急車
写真4
写真4



 日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、デンマークの救急車です。塗装は必ずしも白1色とは限らないようです。

(写真5-1・5-2)Dバス
写真5-1 写真5-2
写真5-1

写真5-2

 まずはブリキ製を含む、アメリカのスクールバスです。
 2枚目は全景です。左手前からからアメリカのスクールバス、イギリスの2階建てロンドンバス(ディンキー・コーギー等)、同じくイギリスのベドフォードボンネットバス(コーギー)、東京都営バス(ダイヤペット:1980年前後の一時期の塗装色)奥の列はアメリカの大陸横断用長距離バス、日本のはとバス、ドイツ国鉄やスウェーデンの市街地バス、日本の観光バスです。

(写真6-1・6-2)Eタクシー
写真6-1 写真6-2
写真6-1

写真6-2

 東京都内のタクシー会社の塗装を再現したクラウンコンフォート、ニューヨークのチェッカーイエローキャブ、ロンドンのオースティン、ベルリンのメルセデスベンツなど、世界各国のタクシーを集めました。その他には、パリ(プジョー)、ローマ(フィアット)、コペンハーゲン(ボルボ)、マドリード(セアト)、アテネ(メルセデスベンツ)、アムステルダム(シトロエン)、トロント(フォード)、シドニー(ホールデン)、上海(シトロエン)、ホンコン(クラウンコンフォート)バンコク(トゥクトゥク)、マニラ(ジープニー)、カイロ(メルセデスベンツ)・・・。

(写真7)Fコマーシャルバン
写真7
写真7



 車体デザインが個性的な1950〜60年代のイギリスのオースティンA40、フランスのシトロエン2CVフルゴネット、ID19ブレーク、プジョー203・204、ドイツのフォルクスワーゲンタイプ2、日本からは1970年代初期のいすゞエルフのパネルバン等を集めてみました。

(写真8)Gタンクローリー
写真8
写真8



 モービル、エッソ、シェル、BP、日本石油のモデルです。同じ石油会社でもデザインを変更しているので、モデルでその変遷を楽しめます。

(写真9)Hカートランスポーターその他コマーシャルカー
写真9
写真9



 移動販売車・クレーン車・バラセメント運搬車など、様々な用途の車です。

(写真10-1・10-2)I各国要人専用車
写真10-1 写真10-2
写真10-1

写真10-2

 昭和天皇が戦前から戦後にかけて使われたメルセデスベンツ、イギリス王室のロールスロイス、フランス大統領専用シトロエン等、中国の要人専用車紅旗など、特別に制作されたリムジンを展示しました。

2)国別コレクション1950年代から現代までの乗用車を集めました。

(写真11-1・11-2)@国産車
写真11-1 写真11-2
写真11-1

写真11-2

 日本で乗用車が本格的に発売されるようになった昭和30年代から最新型モデルまでこのケースに展示しました。初代トヨペットクラウン、初代コロナ、初代日産セドリック、いすゞベレル、昭和40年前後のマイカーブームの立役者である、スバル360、マツダキャロル、三菱ミニカ、ホンダN360といった軽自動車、トヨタカローラ、ダットサンサニー、スバル1000、マツダファミリア、三菱コルト800といった1リッタークラス、オート三輪トラックのマツダT2000等の懐かしい昭和の車、バブル期のニッサンシーマ・Be-1、最近のトヨタセンチュリー、ニッサンティアナ等々。

(写真12-1・12-2)世界各国の乗用車
写真12-1 写真12-2
写真12-1

写真12-2

 ここでは各国の一般的な乗用車を紹介しています。アメリカのキャデラック・フォード、イギリスのオースチン・ヴォクスホール、ドイツのBNW・オペル・ドイツフォード、フランスのプジョー・シムカ、イタリアのフィアット・アルファロメオ、スウェーデンのボルボ・サーブ。さらにはオーストラリアのホールデン、オランダのダフ、チョコのタトラ、旧ソ連のヴォルガ、モスクビッチ、旧東ドイツのトラバント、中国の上海、韓国のヒュンダイ、キア、アルゼンチンのIKAルノー、インドのパドミニといった車もあります。

3)車種別コレクション

(写真13)@フォルクスワーゲンビートル
写真13
写真13



(写真14)Aミニ
写真14
写真14



(写真15)Bロールスロイス
写真15
写真15



(写真16)Cメルセデスベンツ
写真16
写真16



(写真17)Dシトロエン
写真17
写真17



(写真18)Eスバル360
写真18
写真18



(写真19)Fトヨタクラウン
写真19
写真19



4)年代別コレクション

(写真20-1・20-2)ベンツ1号車・フォードT型・ロールスロイスシルバーゴースト、フィアット508、ヒスパノスイザ、パッカード、リンカーンコンチネンタル等、自動車創生期から1940年代までの代表的なモデルを展示。
写真20-1 写真20-2
写真20-1

写真20-2

5)プレミアムミニカー

(写真21-1・21-2・21-3)50〜60年代のディンキー・コーギー・テクノ・スポットオン・モデルペット・チェリカフェニックス等のモデル。1枚目はモデルペットのスバル360の色違いバリエーションを中心に、背景にイギリスデインキーのメルセデスベンツW196、オースチンプルモアカートランスポーター。
写真21-1 写真21-2
写真21-1

写真21-2

写真21-3
写真21-3


6)イオン特注トミカ

(写真22)最近のクラウンパトカーシリーズを展示。
写真22
写真22



7)ブリキ・アイアンモデル

(写真23-1・23-2・23-3・23-4)材質しては、現代はダイキャストが主流ですが、第二次大戦前にはアイアン、戦後はブリキモデルも盛んに作られました。ここではダイキャスト製の大スケールモデルと共に展示。大きなメルセデスベンツとキャデラックは日本のブリキモデル全盛期の作品です。
写真23-1 写真23-2
写真23-1

写真23-2

写真23-3 写真23-4
写真23-3

写真23-4

次に期間中の会場内のスナップをご紹介します。

写真24 写真25
写真24

写真25

写真26 写真27
写真26

写真27

写真28
写真28


 期間中週末が2回、特に最終日にかけては三連休でしたので、多くの家族連れが来場しました。子供たちと一緒にケースを覗き込む父親も目立ちました。カップルで国産車の展示ケースの前でしゃがみこんで指さしながら見ている姿もありました。また、熱心に展示ケースを1つ1つ見ている男性もいました。
 質問も数多く寄せられました。中には実車メーカーの協力と思い込んでいた方が個人のコレクションと聞いてびっくりしたり、自分のコレクションと比較したいので、写真撮影してよいかと尋ねてくる方もいらっしゃいました。
 中でもかつてBMWの実車を所有されていた方から、どこで入手できるか熱心に質問されました。その後無事に入手されたでしょうか・・・?

ミニカーコラムメニューに戻る

Copyright(C) 2006 JMAC All rights reserved.